10歳若返ってアンチエイジングしましょう

2010年05月31日

爪もみでアンチエイジング

東洋医学でいうツボを押して
からだの調子を整えてアンチエイジングを測りましょう!


からだの調子を整えるには、
交感神経副交感神経を整える必要があります。
さまざまなツボを刺激することで、
ちょっとしたからだの節々の不調も整えてくれます。

爪の生え際の両方の端の部分をもむことで、
からだの調子を徐々に整えて
アンチエイジング効果があるそうです。


手や脚の爪もみを
ひとつの指に10秒くらい、
ちょっとここは痛いかもと思われるところは、
弱っている臓器の部分なので、
20秒くらい刺激するといいそうですよ。


正確なからだの要所要所のツボの位置を覚えるのは、
ちょっと大変ですが、
爪もみなら簡単に毎日できますね!

テレビを見ているときに
トイレに入っているときに
お風呂に入っているときに
習慣にすると
毎日続きます。

ちょっとした工夫で
からだのアンチエイジングを実行していきましょう!



posted by pappy at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151673827

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。