10歳若返ってアンチエイジングしましょう

2007年05月29日

アイケアでアンチエイジング

アイケアでしっかりアンチエイジングしましょう!


年齢とともに目の周りのしわ、目のたるみなど、とても気になりますよね。

どんなにきれいにお化粧しても、目がしょぼしょぼしていたら、どうにもなりませんね。

「目は心の鏡」
「目は口ほどに物を言う」
「明眸皓歯(めいぼうこうし)」…など、
目にまつわる言葉はいろいろあります。

目って、案外、その人の印象づけるのに、大切な部分ですね。

404887_green_ii.jpeg


目のきらきらした人って、とても印象に残りませんか。


でも、困ったことに、年齢とともに目の下はくぼんでくるし、まぶたは下がってくるし、なんとなくたるんだ印象になってしまいます。

アンチエイジングといわれてきて、“目力(めぢから)”アップのためのアイケアに力を入れたところもいろいろ出てきているんですよ。

東京都渋谷区と品川区などにある「目の美容院」は、目の疲労回復、老化防止を手助けする珍しい目のマッサージ店だそうです。


「アイソロジスト」という方が、専門的にやっていて、「アイソロジスト」は、アイ=目と、リフレクソロジスト(反射療法士)を組み合わせた造語で、目の美容院の登録商標だそうですよ。


目の使いすぎは充血やくまだけでなく、肩こりや腰痛、頭痛、不眠症の原因にもなるため、アイソロジーが、これから、全国に広がりそうですね。


 アイソロジーでは、目に高濃度酸素を与える機械を使ったり、足や頭の目に関するツボを磁気で刺激したり、刺激や目の周辺のマッサージなどにより、目の疲労回復、目の周囲の筋肉のたるみ緩和などを目指しています。

 
加齢により目の周囲の筋肉が衰え、だんだんまぶたは落ちてきます。
まぶたを開く力をケアしてくれるそうです。

まぶたを開く力を回復させたいと90歳のおばあさまも来店されまているそうですよ。


顔全体の印象作りにはまつ毛も重要な役割を果たしますね。


でも、まつ毛も、加齢による変化は避けられないそうです。

年齢を重ねるにつれて、まつげの長さは短く、本数は減る傾向がみられるといいますね。
マスカラを使うことで、この印象は、改善されます。

 13年にマスカラを使っている18〜59歳の女性は30%だったが、昨年9月の調査では54%に増加しているそうです。

50代の場合、マスカラだけでなく、アイライナーの使用率も4年間で2倍に増えています。

目頭と目尻の細いまつげにもしっかり塗れるマスカラや、ぬれたように見えるマスカラ、ボリューム感が出るタイプなど、化粧品業界も、ニーズにあった商品を開発していますから、いろいろ試してみると、
目力のある印象深い目元を取り戻すことができそうですよ。

<PR>アミノ酸〜オルニチンで健康パワー


クリック応援よろしくね〜

posted by pappy at 19:04 | 美容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。