10歳若返ってアンチエイジングしましょう

2007年07月23日

美の先駆者、美肌の佐伯チズさんのながら美容法

佐伯チズさんは、60代とは、思えない、とても美しい肌の持ち主です。

美のカリスマ指導者としても、有名な方。
その佐伯チズさんの美肌、美容法とは。

基本的な美肌スキンケアの順序は、クレンジングまたは洗顔で、メイクやお肌についた汚れを落とした後、化粧水→美容液→クリームの順番でスキンケアをしていきます。

これは、皆さん、同じですね。
お気に入りの化粧品で、何でもいいそうですよ〜


化粧水は、お肌に水分を与えて、美容液は、肌に栄養を与えますね。

そしてクリームで水分と栄養にフタをする、というのが基本ですよね。


問題は、これらのお肌へのつけ方です。

お肌へ浸透する前に、次から次へとつけていませんか。

化粧水や美容液をつけても間隔をあけることがとても大切なんです。


しっかりと、化粧品がお肌に浸透したのを確認してから、次のステップにうつりましょう。


その間隔というのは、佐伯チズさん曰く、3分だそうです。

化粧水をつけたら3分間待ちます。

そして次に美容液をつけてから3分間待つ。

そしてクリームをつけたらまた3分間待つ。

最後にUV下地をつけメイク前の準備が終了です。

でも、時間のない中をするのって、けっこう大変ですよね。


そこで、佐伯チズさんが考案した「ながらケア」を実行してみましょう


「ながらケア」とは、起床してぬるま湯で洗顔をします。

(前の日の晩にスキンケアをしっかりしていれば、ぬるま湯洗顔で問題ないそうですよ)

ぬるま湯洗顔の後は、化粧水をつけます。

(佐伯チズさんは、ここでお肌の状態がよければ化粧水も省略するそうです)

化粧水をつけた後は、朝食の準備をしましょう。

ここで約3分くらい経過します。

その準備後、美容液をつけ、朝食のスクランブルエッグなどをパパッと作る。

作っている間に美容液が浸透しています。

その後は、クリームをつけ、着替えをすませます。

着替えた後、UV下地をつけ、さきほどから作っていた朝食を食べます。

このように、朝の準備の最中に、スキンケアを上手く組み合わせると、効率がとてもいいし、リズム感も生まれ、1日のやる気が沸いてきます。

というわけです。

朝、起きたら、朝食の準備、朝の仕事の手順の中で、美容ケアを組み入れて、習慣にしましょう。

ついでに、動きながら、軽いストレッチなども組み入れるといいかも〜〜


<PR>コーヒーダイエットでお手軽ダイエット
posted by pappy at 21:40 | 美容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。